画像編集おすすめ情報 - 画像加工のフリーソフト・無料サイトの紹介

アイコン作成

アイコン作成・変換におすすめのフリーソフト・無料ツールを紹介しています。

スポンサーリンク

アイコン作成・変換ソフト一覧

アイコン ウィザード アイコン ウィザード     アイコン(変換):4
日本語 ソフトウェア 特におすすめ レビューなし 公式サイト 画像→ICO(マルチアイコン) 透過領域、フィルタ・加工、ビット数・サイズまで設定できる。
GIMP GIMP     レタッチ:5 お絵かき:4 アイコン(作成/相互変換):4 加工変換:3 修正:3
日本語 ソフトウェア 特におすすめ レビューあり 公式サイト 無料なのに、フォトショップ並に高機能。中級者以上向け。
@icon変換 @icon変換     アイコン(相互変換):4
日本語 ソフトウェア 特におすすめ レビューなし 公式サイト PNG/BMP⇔ICO(マルチアイコン) 別ファイルを読み込むと絵柄の異なるマルチアイコンを作れる。
PNGtoICO PNGtoICO     アイコン(変換):3
英語 ソフトウェア おすすめ レビューなし 公式サイト PNG→ICO(マルチアイコン) 右クリックで同梱サイズ指定可。
ToYcon ToYcon     アイコン(変換):3
英語 ソフトウェア おすすめ レビューなし 公式サイト 画像→ICO(マルチアイコン) 同梱するビット数やサイズを詳細設定できる。
ezImage2Icon ezImage2Icon     アイコン(変換):2
英語 ソフトウェア おすすめ レビューなし 公式サイト 画像→ICO(マルチアイコン) 詳細設定可。透明処理にやや難あり。

アイコン作成・変換の関連情報

このページについて

このページでは「アイコンの作成、一般画像からアイコンへの変換」におすすめのフリーソフトウェアを紹介しています。

アイコンの種類

アイコンには「単一アイコン」と「マルチアイコン(複数アイコンが同梱されたもの)」があり、どちらも拡張子は「.ico」です。
マルチアイコンは環境に併せて適切なアイコンを表示できます。
(ブラウザのお気に入りでは16x16、デスクトップでは32x32、フォルダの特大アイコンでは256x256など。)
しかし、大きなサイズのアイコンを同梱すると容量が大きくなってしまいます。

マルチアイコンとして同梱すべきサイズ・数

アイコンのサイズは主に「16x16、24x24、32x32、48x48、64x64、72x72、96x96、128x128、256x256」ピクセルです。
「Windows7、Windows Vista、Mac OS X」等では主に「16x16、32x32、256x256」が使われるようですので、この3サイズを同梱したマルチアイコンを作成するのがいいのではないかと思います。
また容量を気にしたり、完全にfavicon.ico用として作るなら、16x16と32x32のマルチアイコンがいいかなと思います。

お勧めのマルチアイコンの作り方

GIMP等で「大きめの背景透明画像」を作成してPNGで保存し、そのPNG画像をPNGtoICO等に読み込んでマルチアイコンを生成する方法がおすすめです。
「16x16と32x32で異なる画像を用いたい」などの場合には、それぞれを「各サイズのPNG画像」として保存し、@icon変換等に読み込んでマルチアイコンを作成するといいでしょう。
なおGIMPはICO形式保存に対応しているため、各レイヤーに各サイズの画像を用意すればGIMPのみでマルチアイコンを作成することも可能です。

スポンサーリンク
紹介
写真加工.com:画像加工の無料サイト

簡単に画像編集できる無料Webアプリ。
ポラロイド
似顔絵
HDR
トイカメラ

文字入れ
拡張子変換
リサイズ
など。
無料ロゴ作成.com:ロゴマークのジェネレーター

簡単にロゴをデザインできる無料Webアプリ。
フリー写真素材(無料壁紙画像) Futta.NET

3000枚以上の風景写真を無料配布。
著作権フリーに相当し、商用・印刷・壁紙等に使える。
用紙サイズ一覧.com

用紙サイズの一覧表
詳細データ
計算機能。
A4
A3
B5
はがき
写真
名刺
封筒

履歴書の封筒
インチ換算
など。
西暦和暦オール

西暦と和暦の変換。その他、年齢、干支、学年など。
今年は平成何年?西暦何年?
来年の干支

平成
昭和
大正
明治
など。

© 画像編集おすすめ情報