画像編集おすすめ情報 - 画像加工のフリーソフト・無料サイトの紹介

GIMP

GIMP(オープンソース)というフリーソフトを紹介しています。

スポンサーリンク

GIMPの基本データ

説明:無料なのに、フォトショップ並に高機能。中級者以上向け。
用途:レタッチ:5 お絵かき:4 アイコン(作成/相互変換):4 加工変換:3 修正:3
価格:無料   種類:ソフトウェア   言語:日本語   作者:オープンソース   リンク:GIMP
GIMP

GIMPの詳細情報

とても高機能

GIMPとは、とても高機能な画像編集フリーソフトの名称です。
「拡大・縮小、切り抜き、文字入れ」などの基本編集、「カラーバランス、明るさ・コントラスト、トーンカーブ」などのフォトレタッチはもちろんのこと、「芸術的効果、輪郭抽出」などのフィルタもたくさん搭載されており、写真の「イラスト化、絵画化」なども簡単にできます。
他にも「フィルタ>ロゴ効果」で文字や文章をロゴに出来たり、「パス機能」で滑らかに切り抜くなど、使えそうな機能がたくさんあります。
初心者の方には「機能が多過ぎてどう使えばいいかわからない」かもしれず、中級者以上向きといえそうです。

「対話的歪め」フィルタで写真修正

「フィルタ>変形>対話的歪め」という機能が、写真修正にお薦めです。
「対話的歪め」フィルタは画像の一部分を滑らかに上下左右に寄せたり、膨張・凝縮させたりする機能で、これを使うと「顔や身体の輪郭を変更して痩せさせる」といったすごい編集ができます。

ほとんどフォトショップ?

GIMPではなんとPhotoshop用ファイル(.psd)の読み込み、保存もできます。 またGIMPの機能や使い方は「アイコン型のツールボックス、レイヤーや履歴の表示」など、Photoshopに似ています。 そのため「会社や大学のパソコンでフォトショップを使っていて、家のPCでも使いたいけど、高くて買う気が起きない」などの方にとてもお勧めです。 「GIMPで満足できなくなったらフォトショップ上位版購入」というパターンがいいのではないかと思います。(機能も画質もフォトショップ上位版の方が良いです。)

超有名ソフトの利点あり

GIMPは超有名ソフトのため、「ブラシ、プラグイン、スクリプト」等がインターネット上で多数配布されています。
また「使い方の初心者講座サイト」や「GIMP用書籍」も多数あり、使い込み要素はたくさんあると思います。

レイヤー対応

GIMPはレイヤー機能(「たくさんの画像や文字」を重ねて別々に保存しておき、それぞれをいつでも変更できる機能)に対応しており、「背景を透過させる、複数枚を合成する、重ねた画像の透明度を下げる、一部分を切り取りフィルタをかける」などの作業が簡単にできます。 また一旦入れた文字を簡単に変更できます。
なお、レイヤー機能はほとんどの画像編集フリーソフトに搭載されています。

ポータブル版あり

GIMPにはポータブル版があり、ソフトをフラッシュメモリ等に入れて持ち歩けます。
出先のパソコンでインストールせずにちょっと使いたい場合などにも重宝しそうです。

スポンサーリンク
紹介
写真加工.com:画像加工の無料サイト

簡単に画像編集できる無料Webアプリ。
ポラロイド
似顔絵
HDR
トイカメラ

文字入れ
拡張子変換
リサイズ
など。
無料ロゴ作成.com:ロゴマークのジェネレーター

簡単にロゴをデザインできる無料Webアプリ。
フリー写真素材(無料壁紙画像) Futta.NET

3000枚以上の風景写真を無料配布。
著作権フリーに相当し、商用・印刷・壁紙等に使える。
用紙サイズ一覧.com

用紙サイズの一覧表
詳細データ
計算機能。
A4
A3
B5
はがき
写真
名刺
封筒

履歴書の封筒
インチ換算
など。
ヒノコト

「何日前、何日後、何月何日、何曜日」の計算など。
記念日や期間のカウントダウンページも作れる。
西暦和暦オール

西暦と和暦の変換。その他、年齢、干支、学年など。
今年は平成何年?西暦何年?
来年の干支

平成
昭和
大正
明治
など。

© 画像編集おすすめ情報