画像編集おすすめ情報 - 画像加工のフリーソフト・無料サイトの紹介

イラストレーター系のフリーソフト

イラストレーター系のおすすめフリーソフトを紹介しています。

スポンサーリンク

イラストレーター系フリーソフト一覧

Inkscape Inkscape     ベクター(作成/カラー相互変換):5
日本語 ソフトウェア 特におすすめ レビューなし 公式サイト ズームアップしても奇麗な「ベクター画像」をドローできる。Illustratorと同種。一般画像のベクター化も可。
CR8tracer CR8tracer     ベクター(2色変換):3
英語 ソフトウェア おすすめ レビューなし 公式サイト BMP→SVG/EPS/PS/GFS 変換する範囲を選択可能。
SVG Cats SVG Cats     ベクター(作成):3
日本語 ソフトウェア おすすめ レビューなし 公式サイト SVG形式のみ、読み込み・保存可能。フローチャート作成なども簡単。シンプルでわかりやすい。
gomaDraw gomaDraw     ベクター(作成):2
日本語 ソフトウェア おすすめ レビューなし 公式サイト 画像読み込み不可。EMF/BMP/PNG形式で保存できる。
WinTopo Freeware WinTopo Freeware     ベクター(線変換):2
英語 ソフトウェア おすすめ レビューなし 公式サイト JPG/PNG/GIF/BMP/TIF→EMF/PDF/DXF/SHP/MIF/WMF/ARC等の線データに変換できる。
VectorToVector VectorToVector     ベクター(一括拡張子):2
日本語 ソフトウェア おすすめ レビューなし 公式サイト DXF/SVG/WMF/EMFの一括相互変換ができる。

イラストレーター系の関連情報

このページについて

このページでは「ベクター画像作成・変換」におすすめのイラストレーター系フリーソフトウェアを紹介しています。

ラスターとベクター

「JPEG、GIF、BMP、PNG、TIFF」などの一般的な画像は「ラスター(ビットマップ)画像」と呼ばれ、細かい粒ごとのカラー情報が入っています。そのためズームアップするとドットが目立ち、モザイクやボカシがかかったようになります。
一方「ベクター(ベクトル)画像」は線や面の座標情報で成り立っているため、ズームアップしても再描画され滑らかです。

有名ソフト ラスター(ビットマップ) ベクター(ベクトル)
有料 Photoshop (Adobe)
Paint Shop Pro (Corel)
Illustrator (Adobe)
CorelDRAW (Corel)
FreeHand (Adobe)
無料 GIMP Inkscape
ベクター画像の主な拡張子
.svg
(Scalable Vector Graphics)
W3Cが提唱していることもあり汎用的。
.eps
(Encapsulated PostScript)
ポストスクリプトに準拠しており汎用的。ラスターを含めて保存できる。
「ワード、エクセル、パワーポイント、OpenOffice」等では図として読み込める。
.ai イラストレータの保存形式。
Inkscapeで読み込み・編集できる。またXnView、「Adobe Reader」で閲覧できる。
AIファイルとして保存できるフリーソフトは見つかっていない。
イラストレータのバージョンによって中身が異なるため、入稿などの際に注意。
.dxf
(Drawing Exchange Format)
CAD(設計・製図)で最もよく使われる。
.emf
.wmf

(Windows Metafile)
Windowsペイントで読み込める。ラスターを含めて保存できる。
スポンサーリンク
紹介
無料ロゴ作成.com:ロゴマークのジェネレーター

簡単にロゴをデザインできる無料Webアプリ。
フリー写真素材(無料壁紙画像) Futta.NET

3000枚以上の風景写真を無料配布。
著作権フリーに相当し
商用・印刷・壁紙等に使える。
用紙サイズ一覧.com

用紙サイズの一覧表
詳細データ
計算機能。
A4
A3
B5
はがき
写真
名刺
封筒

履歴書の封筒
インチ換算
など。

© 画像編集おすすめ情報