画像編集おすすめ情報 - 画像加工のフリーソフト・無料サイトの紹介

Picasa

Picasa(Google)というフリーソフトを紹介しています。

スポンサーリンク

Picasaの基本データ

説明:顔写真の管理機能が素晴らしい。共有:計1GB・全1000万枚・サイズはそのまま
用途:管理:5 共有:4 ビューア:4 レタッチ:2 加工変換:2 修正:2 一括(加工/リネーム):1
価格:無料   種類:ソフトウェア   言語:日本語   作者:Google   リンク:Picasa
Picasa

Picasaの詳細情報

Picasaとは

Picasaとは画像管理・閲覧・共有の定番フリーソフトです。
Picasa上で「パソコン上のフォルダやファイル」を指定すると、それらの画像を管理・編集できるようになります。特に「顔による画像管理」がすごいです。
またPC上だけでなく、インターネット上でも画像を共有できます。

管理:表示画像の選別がすごい

Picasa中央上部の「フィルタ」欄には、「顔が写っている写真のみ表示、最近の画像のみ表示」などの画像選別機能があります。
また「人物アルバム」という機能があり、写真に写った人物ごとに画像管理できます。 この機能を利用する方法は、まずひとつの顔写真に名前データを追加します。すると、その顔に似た顔写真一覧が表示されるため、その顔写真が正しいか正しくないかをチェックしていきます。

共有1:Picasaウェブアルバムについて

Picasaウェブアルバムに登録すると、無料でオンライン画像管理ができます。
公開する範囲は、アルバム毎に「ウェブ上で一般公開、リンクを知っている人全員、限定公開(閲覧者にもログインが必要)」の中から選択できます。
自分以外の投稿もできるように設定できますので、行事写真の共有にもお勧めです。なお投稿者には登録が必要です。

共有2:Picasaウェブアルバムの利用条件

Picasaウェブアルバムのアルバム数は「最大10000」で、アルバム毎の写真は「最大1000」のため、単純計算では1000万枚アップロードできます。
アップロードできる画像の1枚あたりの容量は「20MB以下」で、大きさは「5000万画素以下」です。
全ての容量制限は「1GB」ですが、これには「800x800ピクセル未満の画像、15分未満の動画」は含まれないため、小さな画像や短い動画はほぼ無制限で共有できるようです。
全容量が1GBを越える場合は保存容量を購入できます。追加の1GBごとに0.25ドルです。

レタッチ・基本編集:選りすぐりの編集機能もあり

Picasaには「1.基本編集、2.調整、3.効果」の3つの編集メニューがあります。
1.基本編集には「切り抜き、傾き調整、赤目処理、自動コントラスト調整、自動色調整、レタッチ、テキスト、明るさ調整」があります。
2.調整には「明るさ調整、ハイライト、シャドウ、色温度、ニュートラルカラー指定」があり、明るさや色味の調整ができます。
3.効果には「シャープ、セピア、モノクロ、ウォーム、フィルムグレイン、ティント、サチュレーション、ソフトフォーカス、グロー、モノクロフィルタ、モノクロフォーカス、グラデーション」があります。
なお、同じGoogle傘下のPicnikに直接読み込んで編集することもできます。

修正:「レタッチ」でホクロなどの写真修正

編集メニューの「1.基本編集」にある「レタッチ」が秀逸です。
例えば、画像上でホクロをクリックしてから、ホクロのない部分をクリックすると、ホクロを綺麗に消すことができます。
ちなみに、一般的な画像編集ソフトではこの機能のことを「修復ブラシ、コピースタンプ」と呼ぶことが多いです。

紹介
写真加工.com:画像加工の無料サイト

簡単に画像編集できる無料Webアプリ。
ポラロイド
似顔絵
HDR
トイカメラ

文字入れ
拡張子変換
リサイズ
など。
無料ロゴ作成.com:ロゴマークのジェネレーター

簡単にロゴをデザインできる無料Webアプリ。
フリー写真素材(無料壁紙画像) Futta.NET

3000枚以上の風景写真を無料配布。
著作権フリーに相当し、商用・印刷・壁紙等に使える。
用紙サイズ一覧.com

用紙サイズの一覧表
詳細データ
計算機能。
A4
A3
B5
はがき
写真
名刺
封筒

履歴書の封筒
インチ換算
など。
西暦和暦オール

西暦と和暦の変換。その他、年齢、干支、学年など。
今年は平成何年?西暦何年?
来年の干支

平成
昭和
大正
明治
など。
スポンサーリンク

© 画像編集おすすめ情報